政治改革案 はてなブログ版

政治・経済・社会構造の改革案と生きる上で役立つ知識を紹介します。

精神的自由権

学問の自由

学問の自由の内容

学問研究の自由

学問研究の自由とは真理を追究する為の研究活動の自由である。

研究発表の自由 

研究発表の自由とは学問研究の成果を発表する自由である。

教授の自由

教授の自由とは研究者がその成果を学生に授ける自由である。

大学の自治(制度的保障)

学問研究の担い手が大学であった事から、学問の自由の制度的保障として大学の自治が要請された。

大学の自治の内容

人事の自治

学長や教授等の人事は、大学の自主的判断に基づいている。

施設管理の自治

大学の施設は大学の自主的判断に基づいている。

学生管理の自治

思想の自由

思想の自由の内容 

特定の思想の強制の禁止

国が特定の思想を強制し勧奨する事は禁じられる。 公務員の憲法尊重宣誓義務を課す事は、思想の自由に反しない。

思想を理由とする不利益取扱いの禁止 

国が特定の思想を有する事または有しない事を理由に刑罰その他の不利益を加える事は禁じられる。また、思想を理由とする差別は禁止する。 企業の場合、特定の思想・信条を理由に、雇い入れを拒んでも違法にはならない。

思想を告白させる事を禁止(沈黙の自由)

思想を、国家権力によって強制的に告白させられる事の無い自由である。

信教の自由

信教の自由の内容

信仰の自由

信仰する宗教を選択する事又は信仰しない事は個人の自由である。

宗教的行為の自由

礼拝・祈祷その他の宗教上の儀式や式典を行い、それに参加する自由、また、それに参加しない自由である。

宗教上の結社の自由

宗教団体を結成する自由である。

政教分離の原則

国家の宗教に対する中立性・無宗教性を意味する。

表現の自由

表現の自由の内容 

営利的言論(広告)の自由

営利的言論の自由とは利益目的又は事業目的でサービスや製品を公告する自由である。言論の自由

言論の自由とは個人が言論によって思想や意見を発表する自由である。

法案 通訳サービスを無料で利用出来る ヘイトスピーチ規制法を廃止する 演説を妨害した者を演説が終了するまで演説している場所から50m先まで連行出来る 違法行為に対する抗議は業務妨害名誉毀損にはならない 演説会場を無料でいつでも利用出来る様にする 体育館や劇場や広場を演説会場として利用出来る 誰でも演説会場で演説したり演説を聞く事が出来る 演説中の場所で大声や大きな音を出す事を禁止し出した場合は演説に対する妨害となるが警報や避難の呼びかけは演説の妨害にはならない 出版の自由

出版の自由とは思想や意見を図書や雑誌等に印刷し、出版・発表する自由である。

法案 翻訳サービスを無料で利用出来る 出版物の著作権所有者だけが発行部数を決められる 出版物は引用と印刷が出来る 出版物の著作権は著者にある 点字で書かれた本も出版出来る 画像を添付出来る 外国の出版物を出版出来る 誰でも無料で出版出来る 出版物は誰でも無料で閲覧出来る 外国でも出版出来る

結社の自由

結社の自由とは誰でも団体を結成出来るとする権利である。 また、団体に加入や脱退する権利、団体を解散する権利も含まれる。

法案 結社は活動内容を公開しなければ活動を禁止する

集会の自由

集会の自由とはある特定の課題に対する賛同者等の集団が、政府等の制限を受けずに一堂に会する自由を指す。

法案 公共の場所ならいつでもどこでも集会が出来る 誰でも集会に参加出来る 街宣やデモは通行を妨害しなければ許可する 集会は無料で出来る 集会が許可されていない場所で集会をする事を禁止する 集会は活動内容を公開しなければ活動を禁止する

知る権利

知る権利の内容

国家の保有する情報を開示・提供を要求する事の出来る権利

法案 情報公開請求権 秘密保護法を廃止する 議会の様子と議事録を全てインターネットで公開し誰でも閲覧出来る様にする 情報公開請求権は外国人にも与える

国民が情報の受領について国家からの干渉を受けない権利

報道の自由と取材の自由

報道の自由

報道の自由とは報道機関が事実を報道する自由の事である。

法案 記事に掲載出来る文字数、動画、画像を無制限にする 配信されている情報を無料で報道出来る 記事や動画や画像や音や音声は著作権所有者しか編集や削除が出来ないが法律で掲載を禁止されている場合は強制的に削除される ジャーナリストになる為の資格は必要無い 保存や転載をした記事や動画や画像や音や音声の著作権は保存や転載をした者にある 強制性交事件は強制性交事件と報道する 日中記者交換協定を廃止する

放送の自由

テレビ、ラジオなど電波メディアによる情報提供の自由を放送の自由と呼ぶ。広義には有線放送も含まれる。

法案 公共放送の視聴料を無料にする 高画質と高音質で放送する 無料で放送出来る 誰でも公共放送を視聴出来る 番組制作責任者が番組の著作権を持つ インターネットで放送する マスメディアが制作した番組やCMはインターネット上で永久に公開する インターネットで放送出来ない場合は電波で放送する 生放送出来る CMを廃止する 全世界のテレビとラジオの放送を修正無しで日本語の字幕や吹き替えで視聴出来る様にする CMをカット出来る様にする 字幕は正確に表示する 吹き替えは正確に差し替える 外国からでもインターネットで日本の公共放送を無料で視聴出来る様にする 日本の公共放送を英語か日本語の字幕付きで視聴出来る様にする

撮影妨害防止策 レポート中は静かにする 撮影中のカメラの前に立ち入る事を禁止する 撮影出来なくする事を禁止する 撮影対象以外の物を排除出来る

インターネットの自由

インターネットの自由とは、サイバースペースにおいて束縛の無い表現で議論出来る能力の事である。

法案 動画は高画質と高音質で配信出来る 画像は高画質で配信出来る 無料で配信出来る インターネットは誰でも無料で利用出来る様にする 動画から静止画を作れる インターネット上に投稿されているウェブページ・動画・画像・音・音声は誰でも閲覧や視聴が出来る様にする インターネットはいつでもどこでも利用出来る様にする ウェブページや画像や動画や音や音声はダウンロードしてオフラインでも閲覧や視聴が出来る様にする 投稿されているウェブページや画像や動画や音や音声は転載出来る ウェブページの著作権は投稿者にある ウェブページと画像は印刷出来る 動画や音や音声を生配信出来る ウェブページに動画や画像や音や音声を添付出来る様にする 公共放送の番組やCMはダウンロードと転載が出来る 誰でも文章や動画や画像や音や音声を投稿出来る クラウドサービスはいつでも利用出来て無制限に情報を保存出来る様にする クラウドサービスに保存した情報をダウンロード出来る様にする いつでも投稿や更新が出来る インターネットで世界中の人々と情報を送受信出来る様にする インターネット上に投稿したウェブページや動画や画像や音や音声は公開期限を決められ永久に公開する事も出来る ウェブサイトのウェブページを一度に全てダウンロードしたり転載出来る様にする 検索エンジンに様々なウェブページ、ウェブサイト、画像ファイルが表示される様に一人につき一つしかウェブサイトを開設出来ない事にする 企業や団体も一つまでしかウェブサイトを開設出来ない事にする ウェブサイトの容量と転送量を無制限にする ウェブページをダウンロードすればウェブページに添付されている動画や画像や音や音声もダウンロード出来る様にする インターネット上で通話出来る 通話相手の様子を見れる

コメントを閲覧出来る様にする 投稿されている記事や動画や画像や音や音声に対するコメントを閲覧出来る 特定の人物や集団がコメントを連続投稿して他のコメントを閲覧し難い状況にする事を防ぐ為に過去にコメントを投降したユーザーが新しくコメントを投稿した場合過去に投稿したコメントは自動的に削除される 投稿者や閲覧者がコメントがいつどの記事や動画に対して来たのか分かる様にする 長いコメントは短い文章で表示し見たい人が拡大して全ての文章を見れる様にする

コメントを投稿出来る様にする 投稿されている記事や動画や画像や音や音声に対してコメントを投稿出来る コメントの修正と削除はコメントの作成者だけが出来るが違法なコメントは強制削除される コメント出来る文字数は無制限にする

アクセス権

別名反論権と言う、マスメディアに対して個人が意見発表の場を提供する事を求める権利。反論記事の掲載要求(反論権)や紙面・番組への参加等がこれにあたる。

法案 誰でも番組に参加出来る 取材を受けた者の許可無く発言を削除して報道する事を禁止する 出演者の許可無く発言を削除して放送する事を禁止する 選挙報道では立候補者を全員紹介し立候補者全員の公約を全て紹介する

取材の自由

取材の自由とは情報収集活動をする自由の事である。取材される側のプライバシーも配慮する必要がある。

法案 画像や映像の著作権は撮影者にある 録音された音や音声の著作権は録音した者にある 記事の著作権は記事を書いた者にある 取材される側の許可があれば誰に対しても取材出来る 公共の場所はどこでも撮影出来る

歴史を研究する権利

歴史遺産や遺物を保護し一般公開する 歴史資料を調査出来る 遺産や遺物や絵画を本来の状態で保存する為に修復する事を禁止し高画質で撮影して保存する

表現の自由の制限

プライバシーを侵害する表現を禁止する

法案 プライバシー保護策 プライバシーを侵害した表現物や言論は強制的に削除する名誉を棄損する表現を禁止する

法案 名誉を棄損した表現物や言論は強制的に削除する

差別表現・憎悪表現を禁止する

法案 ムハンマドの風刺画を禁止する

性表現を規制する

法案 性表現規制策 児童ポルノを禁止する

サブリミナル効果の使用を禁止する

法案 サブリミナル効果使用防止策 サブリミナル効果がある映像を制作したり放送をした責任者を厳罰に処す 映像コンテンツにサブリミナルが使用されていないか検証する機関を設立し誰でも映像コンテンツの検証を頼める サブリミナル効果が使用されている映像である事を説明する為ならサブリミナルが使用されている映像を放送出来るがサブリミナル効果が起きない様に遅い速度や静止画にして放送する サブリミナル効果がどういうものなのかを義務教育で教える サブリミナル効果があるか検証出来る様に映像の再生速度を遅く出来る

その他の規制法案

盗撮・盗聴対策法で犯罪捜査以外の目的で盗撮された映像や盗聴した音声を放送したり投稿する事を禁止され違法な盗撮盗聴の動画や画像や音声が放送されたり投稿された場合強制的に削除される 法律で公開を禁止されたウェブページや動画や画像や音声をダウンロードした場合自動的に削除される 虚偽の報道を禁止し違反した場合強制削除する 虚偽の報道をした責任者を厳罰に処す 虚偽が書かれた出版物は発行を禁止し回収する 共謀防止策として犯罪計画を投稿する事を禁止し犯罪計画の投稿は強制的に削除する