金融支配を終わらせる改革

ブログ記事を https://nakanohiroaki.blogspot.jp/ に移します。記事を移し終えたらこのブログを削除します。

人身売買

「治安崩壊」元警視庁刑事北柴建さんの書いた本 

ルコのイスタンブールでは人身売買が今でも行われている。ある日本人男性が、イスタンブールの秘密クラブで日本人女性二人が奴隷のように売られている現場を見たのだ。パリのアラブ街のブティックの試着室で拉致され、そのままトルコに連れてこられたそうだ。日本人男性は金を払って、特別に彼女たちと話をすることができた。彼女たちは、拉致されて奴隷のように裸で売られていることを恥ずかしがって、本名を言わなかったそうだ。二人とも、アラブ街のブティックの試着室に入ったら、試着室がくるりと回転してそのまま捉えられたそうだ。香港でも、日本人女性が試着室で拉致されて消えている。ウワサではなく、本当にあった話だ。彼女らはお金持ちの慰みモノとして買われ、飽きられると臓器を抜かれて殺されるそうだ。中には両手両足を切断されて見世物小屋に売られる人もいるそうだ。日本人女性は狙われないように気を付けてほしい。トルコ人は日本人女性が大好きらしい。「わたしは、かわいくないから大丈夫!」と思うのは間違っている。自分はブスだと思っていても、外国ではめちゃめちゃ美人に見られるということがある。美の基準は、国によって違うのだ。以前、留学生に日本語を教えていた頃、小柄でころころ太って丸顔で鼻がキティちゃんのような横長の、そんなに美人ではない日本の女の子が、アフリカの男性にモテモテで、取り合い状態になっているのを見たことがある。また眉毛の濃い、髪の毛の多い色黒の日本の女の子が、アラブ系の男性にモテモテだったのも見た。スペインでは、目が細くてつりあがっていて、日本では絶対かわいくないタイプの日本人女性がモテモテだった。とにかく日本人女性は、どんなタイプでも、そこそこかわいいので、気をつけよう。アメリカ人のことわざに、「好奇心でいっぱいの猫ちゃんは、早く死ぬ。」というのがある。外国に出たら、一人でアラブ系の街をうろつかないことだ。香港でさらわれた日本人女性は、新婚旅行中で、側にご主人がいたのだ。それでも、「そんな人は来なかった。」と店の人間、全員が言い張ったそうだ。現地の警察など、全然頼りにならないそうだ。彼らは、マフィアに殺されるより日本の警察の調査に協力しない方を選ぶのだ。残されたご主人は10年間、彼女を探したが、ついにあきらめて再婚したそうだ。日本人で、失踪した女子の中には、北朝鮮に拉致された人と、そういう闇の人身売買で、ひどい人生を送り、気が触れたあげく、臓器を抜かれて死んだ人もいるのだそうだ。北朝鮮に拉致された人数が分かってはじめて、本当の人身売買にあった被害者の数が分かるのだそうだ。恐ろしい話だ。  

 

年間8万人が不明…キャバ嬢や風俗嬢はなぜ次々と消えるのか 

最近、行方不明者にまつわる事件をよく耳にする。8日に都内の解体業者ら2人が逮捕された事件では、業者らが取り壊す予定のアパートで男性の白骨遺体を発見。解体が遅れるのがイヤで勝手に遺棄したため罪に問われた。男性は5年前に死亡したとみられている。八王子のホストクラブ経営者が殺されて5人が逮捕された事件も当初は行方不明事件だった。昨年9月に失踪した島根県のホステスはいまも行方が分かっていない。日本全国の行方不明者は毎年8万人を超える。2012年度は8万1111人で、うち女性は2万8924人。不明者のうち10代が一番多く1万9300人、これに20代の1万3856人が続いている。ほとんどは遺体(自殺)や帰宅が確認されるが、それでも1400人近くは所在が分からないままになっている。気になるのはキャバ嬢や風俗嬢の不明者だ。風俗ライターの梶山カズオ氏によると、ホストクラブに多額のツケをためて返済できず、どこかに連れ去られる女性が多いという。「ツケを払うためにソープに売られ、そこで売り物にならないと、千葉・栄町などの売春を売りにしたスナックに引き渡されます。女性は監禁され、家族への連絡も許されない。韓国・済州島のカジノで売春をやらされる女性も多いと聞いています」借金まみれの女性を暴力団が買い取り、整形手術で親も見分けがつかない顔にしてAV女優として働かせることもある。その場合も寮に軟禁する。「なじみのキャバ嬢とアフターでドライブ。東京湾で海を眺めながらキャバ嬢を殴って気絶させ、中東や東南アジアに売る手口は“一発殴って100万円”と呼ばれています。家出娘はマンションの一室に閉じ込めて局部モロ出しのライブチャット嬢をやらせたり、客を船に乗せてセックスさせる“船上売春”で稼がせます。ほとんどの女性が覚醒剤中毒にされています」(フリーライターの蛯名泰造氏) 

 

日本人女性も被害 OLや学生狙う「人身売買」卑劣な手口 

先日、23歳のフィリピン人女性を「愛人」にしようと150万円で買い受けた川崎市の66歳の男と、売り渡したブローカー夫婦が警視庁に再逮捕された。わいせつ目的での人身売買摘発は全国初だ。今や“被害者”は外国人女性に限らない。日本は米国務省から、先進国で最低ランクの「人身取引根絶の最低基準を満たさない国」と位置づけされている。日本人をターゲットにした人身売買も増えている。被害者支援をしているNPOライトハウス」によれば、日本人の相談件数は、年間150件に上るという。「ある20代前半のアルバイト女性の例です。昼間、都内の繁華街で、モデル事務所のスカウトという男に近くの事務所に連れて行かれ、アンケートを書かされた。後日、『超有名モデルの撮影があるから見に来て』と言われ、車で連れて行かれたのが、AV撮影の現場。帰ろうとしたら窓のない個室に閉じ込められ、『出演する気になったらドアを開けて出てきて』と監禁されたのです。怖くなって最終的に出演してしまったそうです」(同担当者)街角でテレビ取材と偽り、連れ込んだ雑居ビルで監禁というケースもあるそうだ。狙われるのは、10代後半~20代前半の女子大生やOL。原宿、渋谷、池袋などを歩いていて声を掛けられ、そこからセックス産業に“売られて”いくという。犯罪ジャーナリストの田代篤氏はこう言う。「プチ家出して路上で援交している女子中高生も狙われている。『警察に言わないから、俺に管理させろ』と脅され、気づいたら売春から抜け出せなくなったというケースもある。『キメセクしてみませんか』というネット上の呼びかけに、興味本位で引っかかった若い女のコがシャブ漬けにされ、フーゾクに沈められるケースも少なくない」田代氏によれば、ホストにはまって巨額の借金を背負い、ロリコンデリヘルなどで働かされる。揚げ句の果てに、関西地方にある有名な“売春島”に売られ、数年間も働かされる若い女性もいるそうだ。ブローカーに恥ずかしい写真などの弱みを握られ、暴力で脅され、女性は逃げ出せないらしい。すべて同じ日本人がやっていることだ。人身売買なんて海の向こうの話なんてのは、幻想にすぎない。前出の田代氏がこう続ける。「最近は娘を売る親も増えてきています。無職や借金苦の親が、まだ10代前半の娘にTバックなどを着せたビデオを叩き売る。この手の動画は、ロリコン需要が高い。秋葉原では8歳の“アイドル”の撮影会がウケているくらいで、ジュニアアイドルと称したエロDVDが飛ぶように売れています」人身売買組織に誘拐された10代の娘を父親が助け出す「96時間」という映画があったが、映画のように簡単に助け出せるわけもない。