読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

民主主義に必要な改革 はてなブログ版

政治・経済・社会構造の改革案と生きる上で役立つ知識を紹介します。

マクドナルドの何が悪いのか

食生活指導
ロナルドマクドナルドの笑顔の裏には恐ろしい秘密が潜んでいる。世界規模の人々、動物達、そして地球からの搾取。マクドナルドは楽しく食べられる場所、環境に優しい企業というイメージを、莫大な宣伝を行なう事によって人々に植え付けようとしている。ほとんどの人々、特に子供達にとってマクドナルドはちょっとした楽しみ。しかし真実は「楽しみ」から遠くかけ離れている。マクドナルドは金儲け第一主義で、あらゆる手段で利益を上げる事を目的としている。
 
『貧しい者を餓えさせる』
 貧しい国の広大な土地は西側諸国の食肉の為の家畜養成、またその家畜の餌になる穀物の栽培に利用されている。何百万もの人々が飢えている間、この主要作物は発展した国々のハンバーガーになる家畜の牛に与えられている。動物は人間よりも穀物を消費する。1億4500万トンもの穀物を与えても、そこからは2100万トンの肉しか供給されない。この穀物の量は、もしイギリス国内の人々が皆ベジタリアンであれば十分に自給自足で賄えてしまうのだ。
 
『地球を犯す』
 熱帯雨林多国籍企業によって急激に破壊されている。毎月ウェールズ程のサイズの森林が消えていき、何千もの生物や植物が絶滅している。ある地域ではそこに牧場が作られる。マクドナルドはそこで養成される牛の肉を使用している事をついに自供した。また、多国籍企業と下請け業の飼育場の利用によって地域住民は追い出され、新しい土地に住むため、木をさらに切るはめになる。マクドナルドは世界で最も多くの牛肉を消費している企業だ。牛肉産業の為に家畜を育てる事はメタンを発生させ、地球温暖化の主な原因の一つとなっている。またマクドナルドは毎年何千トンもの不必要な過剰包装をするため、それが道に捨てられ道路を汚し、ゴミを埋める為に地上をも汚染している。
 
『人々の健康を害す』
 マクドナルドの食品は高動物性脂肪、多量の砂糖、塩が使われ、繊維質、ビタミンが非常に低い。多くの医学調査でもこの様な食品によって、心臓病、ガン、糖尿病、関節炎を引き起こすと言っている。その上多くの添加物が含まれており、それらのいくつかは健康に害を及ぼし、子供には過剰の刺激を与える可能性もある。食中毒の大半は食肉が原因であることを忘れてはならない。1991年にマクドナルドが原因で、イギリスで食中毒が発生し、その内の何人かは肝臓の機能が失われる重病(O-157)になった。
 
『罪の無い者への殺りく』
 ハンバーガーチェーンのメニューは何百万もの動物達への虐待と屠殺の上で成り立っている。ほとんどの動物は、新鮮な空気や太陽を浴びる事も、動く自由も無く集中飼育されている。動物の屠殺は野蛮であり、人情ある殺しでは無い。我々は肉を食べるか食べないかは選択出来るが殺される動物達には選択の余地は無い。
 
『労働者を搾取する』
 ハンバーガーチェーン店で働く人々は低賃金だ。マクドナルドでは、非常に長い時間を働いても残業手当は支給されない。高利益を維持し経費を押さえなければならないプレッシャーの為、最低人員が雇われる。その為労働者は非常に忙しく働かなければならず、それが事故に繋がる。特に火傷は多い。労働者のほとんどは仕事の選択肢が少なかった人々で搾取される事も受け入れざるをえない。当然の様にマクドナルドでは労働者の入れ代わりが激しく、組合を組織し、労働条件を改善するのは実際に不可能である。もとより労働組合に反対しているマクドナルドには有利な状況である。
 
『検閲とマックライベル』
 マクドナルドへの批判は、広範囲に渡る観点より様々な人々や団体から出されている。1980年代中頃にロンドングリーンピースはこれらの批判を総括し、10月16日をAnual World Day of Action Against McDonalds(世界マクドナルド抗議行動日)とし、毎年この日には世界中でデモが行われている。しかし、年間10億ドル以上のお金を宣伝に費やしているマクドナルドはこれらの抗議者に対し法的措置をほのめかし、行動キャンペーンを封じようとしている。多くの場合、抗議者は十分な裁判費用が無い為、法廷で戦う事を断念せざるをえない。しかし1994年にはマクドナルドから名誉毀損で訴えられたロンドングリーンピースのヘレン・スティール(helen steel)とデイブ・モリス(David Morris)の二人は最高裁判所でMcLibel(マック名誉毀損)という名の裁判で戦い始めた。通常彼らの様な貧困者が訴えられた場合、国から弁護料が与えられるものだが、このような種類の裁判では支給されず、無収入の環境活動家である当人は自分自身で弁護していくしかない。マクドナルドは多くの事柄を隠蔽しており、様々な関連資料の情報公開も拒んでいる。さらに彼らはこの裁判は一般の人々にとって“複雑すぎる”と裁判官に訴え、ヘレンとデイブは陪審員の前で戦う権利を拒まれた。この様にとても不利な立場に置かれているにもかかわらず、ヘレンとデイブはマクドナルドの真相を明らかにする事を確信している。年商24億ドルに上る巨大なマクドナルドに対する抗議行動は今も続いている。これら抗議者の「言論の自由」を尊重し、巨大権力に立ち向かう事は大変重要な事である。
 
『あなたに出来る事』
 今まで述べてきた様なシステムで成り立っているマクドナルドやその他のファーストフードショップを利用しない事。私達の生活、そして地球を支配している組織や権力を握っている人々に対し、一緒に戦う事により、私達は搾取や無駄な破壊の無い社会を築く事が出来るのだ。この事を多くの人に伝えてください。

 さあ今日から君も、抗生物質入りのハンバーガーと殺虫毒素入りの遺伝子組換えポテトをたらふく食べて、「世界人口削減計画」に体を張って貢献しようか(笑)。