金融支配を終わらせる改革 はてなブログ版

金融制度を廃止した社会制度と生きる上で役立つ知識を紹介します。

言語障害者教育

すばらしい日本語、言語障害の治療にも有効

f:id:nakanohiroaki:20170408140334j:plain

日本語を勉強して5年になるフランス人の旦那との会話で、よく話題になるトピックの1つに『日本語とフランス語の違い』がある。

彼曰く、日本語は何と言っても読み書きが難しいとのこと。大抵の日本人に「日本語上手ですね」というお褒めの言葉を頂く彼だが、それはオーラルコミュニケーションだけの話。“漢字”が登場する読み書きになってしまうと、ぐっとレベルが下がってしまうのだ。

私自身フランス語を勉強している身だが、確かに日本語を読む力とフランス語を読む力にはその質において雲泥の差があるのではないかと思う。

音を合わせのアルファベットと一つ一つの文字が意味を持つ漢字…。

先日、アメリカの研究によって、アルファベットと漢字を読み書きする力の質の違いが明らかとなった。

言語障害に苦しむ、アメリカの12歳の少年は過去2年間特殊クラスで言語を学んだ。「息子にはもっと大きなチャレンジができるのでは?」と感じた母親の判断で別の学校に行くことになったのだが、その学校は英語以外に日本語も学ばなければならなかったという。母親はあえて厳しい環境に置くことによって、彼が成長するか?試してみることにした。

その結果は驚くべきもので、1年後の13歳で下の図にあるように日本語のカタカナやひらがなを、英語のアルファベットよりも上手に書けるようになったそうだ。

f:id:nakanohiroaki:20170408140312j:plain

言語障害を研究している専門家によると中国語や日本語は、文字一つ一つに意味があり、英語のアルファベットのように音を合わせて文字を並べるのとは違い、イメージとして覚えやすいのが原因ではないか?と考えている。

実際の脳の活動を最新の科学で調べてみると、言語障害のある子供はアルファベットを覚えるときに使う脳の部分は、日本人の子供が漢字を覚えるときに使う脳の部分と同じであることがわかっている。

もちろん日本語を学んだからといって、言語障害の子供の英語力が向上するわけではないが、少なくとも通常の子供の脳とどの部分の伝達システムが違っているのか?そして彼らをうまく教えるための手がかりを与えてくれるという。(ウォールストリート・ジャーナルより)

漢字のある日本語は速読しやすいだけではなく、まだまだ多くの要素が隠れているようだ。私たち日本人が小さなころから一生懸命覚えてきた、漢字。漢字は難しいからこそ、その価値がある。

平等権

平等権とは法の下の平等を保障する権利である。 法の下の平等とは、国民1人1人が国家との法的権利・義務の関係において等しく扱われなければならないという観念であり平等則(びょうどうそく)または平等原則(びょうどうげんそく)と呼ばれる事もある。

法の下の平等の内容

栄誉・勲章その他の栄典の授与はいかなる特権も伴わない、栄典の授与は現にこれを有し又は将来これを受ける者一代に限りその効力を有する

誰にでも差別する事無く平等に法を適用する法適用の平等 

例えば殺人罪を適用する際にお金持ちの人には適用せずにお金が無い人には適用するという適用の仕方だったら不平等なので誰にでも法律が適用される様にするのが法適用の平等である

法律の内容に差別が無い様にする法内容の平等 

例えばお金持ちの人には殺人罪を適用しないと言う法律の内容だったら平等ではないので法の内容自体に平等を設けようとするのが法内容の平等である。

法案 先に来た人から対応する 列に割り込む事を禁止する

幸福追求権

幸福追求権とは新しい人権を保障する権利である。 新しい人権とは、憲法の定める個別の権利保障規定に明示されてはいないが、憲法上の人権として保障されるべきであると主張される権利である。

新しい人権の内容 

プライバシー権 

プライバシー権の内容 

①私生活をみだりに公開されない自由  

②前科等を公開されない自由  

③正当な理由無しに指紋押捺を強制されない自由  

④肖像権(みだりに撮影されない自由)  

⑤自己の情報をコントロールする権利 

自己の情報をコントロールする権利とは自己に関して誤った情報がある場合訂正・削除を求める事が出来る権利である 

法案 どんな自己情報が集められてるかを知る事が出来る 

⑥個人に関する情報をみだりに第三者に開示又は公表されない自由 

環境権 

環境権とは良好な環境を享受する権利である 

日照権 

日照権とは建築物の日当たりを確保する権利である。 

静穏権  

眺望権  

健康権 

健康権とは生命・健康を守る権利である。 

嫌煙 

嫌煙権とは非喫煙者が公共の場所などで,他人の喫煙によって受ける被害(受動喫煙)を拒否する権利である。 

インプラント拒否権

インプラント拒否権とはインプラントの埋め込む事を拒否出来る権利である。 
インプラントを規制する理由 身体は異物が入ると拒絶反応を起こして体外に出そうとする力が働く インプラントに青酸カリ等の人体に有害な物質が入っている危険がある インプラントが電磁波を発生させている危険がある 電磁波を発生させる装置を身に付ける事を禁止する 電磁波を発生させるインプラントを人体に埋め込む事を禁止する

平和的生存権 

平和的生存権とは等しく恐怖と欠乏から免かれ、平和の内に生存する権利である。 

人格権 

人格権とは個人の人格的利益を保護する為の権利である 名前を正確に呼ばれる事を保障する権利である 著作者人格権を保障する権利である 著作物は著作者の思想又は感情を創作的に表現した物である 著作者には著作物に対する著作権が与えられる 著作権には著作財産権と著作者人格権がある 著作財産権とは自分の著作物を無断でコピーする事を禁止する事が出来る権利である 著作者人格権は著作物を勝手に改変されない権利や公表するかしないかを決める権利である 著作者又は著作物に対する独断的な評価や個人的な好みによって不公正な取り扱いをした時は不公正な取り扱いをした著作物の著作者の著作者人格権の侵害となる 不公正な取り扱いとは独断的な評価や個人的な好みによって廃棄したり濡らしたり汚したり損傷したり閲覧出来なくしたり利用出来なくする事である 

名誉権 

人格権としての個人の名誉の保護という言い方で名誉権の憲法上の保護を認めている。 

法案 人格権を侵害した場合は名誉棄損となる 

自己決定権 

自己決定権とは個人が、一定の個人的な事柄については、公権力から干渉を受ける事無く、自ら自由に決定する権利である。 結婚をするかしないかは個人が決められる 出産するかしないかは個人が決められる 治療を受けるか受けないかは個人が決められる 安楽死尊厳死をするかしないかは個人が決められる