読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

共和国憲法草案 はてなブログ版

政治・経済・社会構造の改革案と生きる上で役立つ知識を紹介します。

中国人の気質

生きた牛がトラの餌 中国サファリパークの残酷見せ物 China's Zoos

漢民族に暴行されるウイグル人少年(ラビヤ・カディール総裁コメント)

 ひき逃げに遭った2歳児 通行人は無視

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現 縄文人の核DNA初解読・東アジア人と大きく特徴異なる・渡来人との混血・日本人と朝鮮人は別人種

危険な毛染め剤(ヘアカラー)の毒性

染毛剤(カラーリング)の危険性

おしゃれのために老若男女と、誰でも抵抗なく髪を染める時代になってきています。増加の原因は、危険な化学物質が含有されていることを知らないまま、若者を中心に染毛剤を使用する機会が増えてきているためといわれ、挙句の果てに小児やペットまで染毛してしまうお母さんや女性が多くいます。パーマよりヘアカラーの需要が高い今、染毛剤(ヘアカラー)は、非常に髪が傷むことはよく知られています。髪が傷んでもいいから髪の色を変えたい、というのは個人の自由です。ですが、染毛剤(ヘアカラー)は単に髪が傷むというだけではなく、強い毒性を持つ物質が何種類も含まれていて、健康に重大な影響があります。
カラー剤は、消費者が思っている以上に強い薬だということを知るべきです。

f:id:nakanohiroaki:20170318104827j:plain

【ヘアダイによるアナフィラキシーの危険性】

染毛剤(ヘアダイに含まれるパラフェニレンジアミン(PPD))によるアナフィラキシー(急性のショック症状で非常に危険)の症状は、激しい呼吸困難症状、顔・口唇・喉粘膜・喉の激しい痛み、咳、食欲不振を訴え、舌・喉・首のむくみによる呼吸困難(アナフィラキシー様の状態)、目に入ったり、眉毛やまつげに使用した時に、目が焼け付くような感じ、まぶたの腫れ、結膜の充血、悪くすると失明も報告されています。長期に使用した場合の慢性の影響として、白内障の報告もあります。

・ 接触性皮膚炎  ・ 結膜炎  ・ 気管支喘息  ・ 腎臓障害 ・ 貧血 
・ 発ガン性 ・ 頭皮や顔のただれ ・ ショック症状 ・ 強いアレルギー反応

【死亡例】 染色剤を誤飲、自殺のために飲む、殺人目的 皮膚からの吸収 
 
PPDは、少量の接触や飛沫の吸入で、接触性皮膚炎や粘膜の浮腫(むくみ)、結膜炎、鼻炎、気管支喘息など粘膜の障害を引き起こします。間違って飲んだり、なめたり、皮膚から体内に吸収されてしまうと、貧血(血液細胞が生産されなくなる再生不良性貧血を起こすとの報告がある)、腎臓障害、横紋筋融解(全身の骨格筋細胞が壊れてしまう)などの重篤な病気を起こさせます。
また、ヘアダイに含まれるPPDやアミノフェノール、レゾルシンなどは、メトヘモグロビン血症を起こします。ヘモグロビンの鉄(Fe2+)が酸素と結合できない鉄(Fe3+)に酸化されたものをメトヘモグロビンといいますが、血液中のヘモグロブリン中1~2%以上になった場合をメトヘモグロビン血症といいます。メトヘモグロビンには酸素が結合できないため、肺から取り入れた酸素を体内に運べません。メトヘモグロビンが増加すると、顔の色が紫になり(チアノーゼ)、呼吸困難を起こします。新生児・乳児はメトヘモグロビン血症を起こしやすいことがわかっています。 小さな子供がヘアダイを誤ってなめてしまった場合、最悪の場合は死亡する可能性もあります。
 
【毛染めをする場合の注意点】

大人の場合は、染毛を繰り返すたびにアレルギー反応が強くなり、ある時突然、症状が始まりますが、小児の場合は、化学的な激しい刺激によって初めての接触でも鼻が詰まり、喉がはれたり、呼吸困難を起こしたりする可能性があります。
とくに、新生児や乳児の場合、鼻が詰まっただけで呼吸困難を起こす場合があります。自宅にヘアダイ製品がある場合、子供がいたずらしないように厳重に保管する必要があります。新生児や乳児が染毛剤をなめたり触ったりすることは避けなければいけません。染毛剤使用中に抱っこやおんぶをした場合、子供が染毛剤の付着した髪の毛をなめてしまう可能性があり、授乳婦、小さな子供がいる家庭ではヘアダイの使用を避ける必要があります。
もちろん、子供にヘアダイで染毛することは厳禁です。ヘアダイの使用で、貧血・メトヘモグロビン血症が起こると体内で酸素を運べなくなるため、胎児が低酸素状態になり、発達に影響がでる可能性があります。したがって、妊娠中のヘアダイの使用は避けたほうが良いです。

ヘアダイに含まれるPPDは黒い色に染めるほど多くなるため、白髪を染めようとする初老の方はとくに注意が必要です。この年齢は、化学物質で被害がおきやすい年齢でもあります。白髪を染める場合、アレルギーがなければ、植物であるヘナ(ヘンナ)100%の染毛剤をお勧めします。

スーパーなどで売っている毛染め剤には、強いアレルギー反応を起こすことが分かっているパラフェニレンジアミン(PPDと略称)という成分を含むものが多い。特に色が濃く染まる毛染め剤ほど、含有率が高い傾向にあるというが、メーカーは企業秘密として有率を明らかにしない。またPPDを含有しない製品でも、これに似た化学構造をもつパラアミノフェノールなど、PPDに代わる物質を含んでいる。

混合率によって発色が変わるため、何種類もの成分が混合されている製品もある。このような物質を一般に酸化染毛剤と呼んでいるが、正確にいうと、これ自体が毛髪の色を染めるわけではなく、酸化剤の過酸化水素と反応した時にできる物質が発色する。
いま20代の女性は8割近くが毛染めをしている。首都圏で全国理美容製造者協会が調べたところでは、パーマが目的で美容院に足を運んだ人より、毛染めのために利用した人のほうが多かった。

【毛染め剤によるアレルギー 】

毛染め剤による被害は、多くがアレルギーによるものだ。皮膚のかぶれ程度で済めばまだしもだが、呼吸困難・頻脈・悪寒など症状がきわめて強く出る急性・全身性のアナフィラキシーでは、死亡する例もある。日ごろ反応がなくても、突然アナフィラキ
シーの反応が出ないという保証はないと言われている。

アレルギーは、まず自分の体に異物が入ることから始まる。外から入ってくる異物に対して体を守るしくみとして免疫システムがある。この働きで、体の中に抗体ができる。抗体ができた後で、同じ異物が体に入ってくると、今度は抗体がこれを撃退しようとする。アレルギーの反応が生じるのはこの時である。 初めて毛染めをした時に何も起きなかったから、その後もずっと安全だということはできない。実際に反応が出るのは数年後という場合もあるからだ。自分はアレルギー体質ではないと安心して毛染めを続けていて、数か月、あるいは数年たってから苦しむ人も多くいる。

体が異物と認識してしまう物質が、種類においても量においても増えている。身近で使われている合成化学物質は数万とも数十万ともいわれる。そのうえ新しい物質がどんどん登場する。そのため人々の間にアレルギーが増えているのは確かです。
体内に蓄積するものも数多く、合成化学物質(有害物質)同士の複合作用も増えてきています。 これからは一人一人が気をつけて体の中に合成化学物質を入れないようにしなくてはなりません。アレルギーや化学物質過敏症の危険を冒してまで毛染めをする必要があるのかどうか、よく考えてみる時期にきていると思います。

【古くから使われてきた染毛剤へナ】

旧約聖書』の「雅歌」にもヘナの樹を賛美する記述がある。クレオパトラはヘナで爪を染めていたというし、インドの女性が眉間を染めているのもヘナ。へナ自体は安全と考えてよいのではないだろうか。

もっとも天然物だからといって、絶対安全と決め付けることはできない。人によってはヘナでアレルギーの出ることもあるという。
古くから使われて来たヘナは、ローソニアという熱帯地方に生育する植物の葉や根から作られる。染料として長い歴史があり、多くの人に使われて来たから、これ自体は無害だとされている。ところがヘナだけでは黒く染まらないので、最近は「ヘナ」と銘打っていてもPPDを配合してある製品が多い。これは「ブラック・ヘナ」と呼ばれている。
日本で「ヘナ」として売られている製品でもPPDを含むものがあるので、注意が必要だ。

【PPDの毒性 】

日本では、一口に毛染めといっても、色素で髪の毛の表面に色をつける「ヘアマニキュア」と、毛の色素を脱色するだけの「ブリーチ」、脱色した上で毛髪の中まで色素を行き渡らせる「ヘアカラー」の三つに大きく分かれる。

1863年からヘナの染色性を増強させるためにパラフェニレンジアミン(PPD)が混合され始めました。

PPD、またはそれに類似した成分が含まれているのは「ヘアカラー」である。この物質自体が呼吸器や皮膚に強いアレルギー反応を引き起こすだけでなく、酸化剤と混ぜた時にできる中間物質にも有害性があると考えられている。フィンランドでは91年にPPDの一般向け使用が禁止された(ヘルシンキ大学、ティモ・レイノ氏の論文)。しかし日本で発売されている「ヘアカラー」の多くには、今もこの物質が使われている。

PPDの害を報告した論文は数多くある。浮腫、虚脱状態、腎臓障害、遺伝子の突然変異、動物実験で発ガン、横紋筋の融解、アレルギー反応を起こす、皮膚炎、目の炎症、呼吸困難、マウスで肝臓に腫瘍、など(EUの意見書による)。これらの症状を大きく分類すると、皮膚の障害、呼吸器の障害、内臓の障害に分けられる。

環境ホルモン不妊の可能性を高める可能性があるということで、妊娠を望む若い女性もカラーリングは避けるべきだとしています。

カラーリング剤が妊娠中の女性の体内に取り込まれると、環境ホルモン作用によって胎児の性的機能の発達に影響が出たり免疫系に異常が出る可能性があるからです。

 【頭がケミカル】

毛染め剤の成分は、医薬部外品として表示を義務付けられているものが箱に印刷されている。その中にパラフェニレンジアミンの文字が見あたらなくても、トルエン-2,5-ジアミンやパラアミノフェノールなど、名前の一部にアミン、アミノをもつ物質が見あたらないだろうか。これらは「芳香族アミン」と呼ばれる物質で、PPDと似た化学構造を持ち、同じような作用を示す可能性がある。

これらの物質そのものには色をつける力がないが、過酸化水素などの酸化剤で酸化されると重合して色素に変わり、毛の色を染めることができる。そのための酸化剤が毛染め剤の一部として入っている。毛染めをしている時、頭髪が化学工場になってしまうのです。

いくら色素ができても毛の中にしみ込まなくては毛染め剤として意味がない。そのため強力な界面活性剤も成分として組み込まれている。電子顕微鏡で撮影した写真を見ると、染毛した毛髪の表面が傷んで、ざらざらになっているのがわかる。使用者は、わざわざ自分の毛を傷つけている結果を招いていることに気付いているのだろうか。

このように、取り込むと安全かどうか疑わしい成分が色々含まれていて、それが毛の表面で化学反応をする。反応の途中でどんな有害物質が生じているかもわからない。

注意深く作業しても、頭皮に薬剤がつくのは避けられない。すると界面活性剤の働きに助けられ、PPDやそれが変化した中間体、できた色素などが頭皮からしみ込む。

人間が死んで火葬場で焼かれた後、染毛を長く続けている人の残った頭骸骨が染毛剤で黒くなっているそうです。それだけ頭皮を浸透して頭の内部まで染められているのですから体に良いわけがありません。

【美容師の被害 】

染毛剤(カラーリング)を常時使用するヘアーサロン・理髪店等、理容を職業とする美容師の間でPPDによるアレルギーや喘息被害が広がっており、早急な対策が必要です。

『国際化学物質安全性カード』には「反復または長期の吸入により、喘息を起こすことがある」、「この物質により喘息の症状を示した者は、以後この物質に接触しないこと」と記されている。

また毛を脱色する「ブリーチ」には過硫酸塩が含まれ、これにも喘息を起こす働きがあるという報告がいくつもある。

毛染め剤ではないが、パーマに使う薬液も呼吸器や皮膚の異常が深刻な状態になっていることが分かった。多いのは、喘息のほか、慢性気管支炎、皮膚炎、アトピー等だ。このような健康上の理由で、美容師の三分の一が離職していると報告されている。

アメリカのニューヨーク州保健局も、喘息など「美容師のおよそ二割が健康上の理由で離職している」という。

【ヘアダイ・ヘアマニュキュアに使用されている一部の有害物質】

・アミノフェノール ・パラアミノフェノール ・ピロガロール
・フェニレンジアミン ・硫酸パラメチルアミノフェノール ・パラアミノオクトクレゾール
・パラ(ニトロ)フェニレンジアミン ・メタフェニレンジアミン ・硫酸トルエン-2,5-ジアミン

 

染毛剤
化粧御品
製品分類
一時染毛剤
(毛髪着色剤)
半永久染毛剤
永久染毛剤
染色分類
悲酸化型染毛剤
酸化型染毛剤
染色方法
化学物質
金属製
植物性
化学物質
物質分類
ヘアークレヨン(カラーステック)・ヘアーカラーマスカラ・ヘアーカラースプレー・ノックペン ヘアーカラーリンス・ヘアーカラーマニキュア・ヘアーカラークリーム  
お歯黒型
植物成分染色
ヘアーダイ・ヘアーブリーチ
製品名
タール系色素系・クエン酸系の有機酸・変性アルコール・合成界面活性剤等
酸化鉛
多価フェノール(没食子酸、ヘマチン、ピオガロール、タンニン酸)・鉄イオン(硫酸第一鉄、塩化第一鉄等) ヘンナ・ウッドロック・カミツレ・クルミ等

*酸化染料:パラフェ二レンジアミン・フェ二レンジアミン・アミノフェノール等
*修正剤 :メタ アミノフェノール・メタ フェ二レンジアミン等
*着色成分:ニトロ化合物
*アルカリ剤:アンモニア・トリエタノールアミン(合成界面活性剤)等
*酸化剤*発色剤*過酸化水素

含有成分
*タ-ル系色素:発癌性の疑い接触性皮膚炎・アレルギー反応
*合成界面活性剤:アレルギー・皮膚炎
*化学物質過敏症の発症
金属アレルギー・金属毒性等 使用植物成分による接触性皮膚炎・アレルギー反応
*植物成分に合成化学物質の混入による症状は混入物にもよるが複合することにより今までに無い悪い症状が出る可能性がある。
*パラフェ二レンジアミン:口中・舌の粘膜・喉頭粘膜の浮腫・アナフィラキシー・接触性皮膚炎・結膜炎・鼻炎・気管支喘息・腎臓障害・横紋筋融解・再生不良性貧血
*パラフェ二レンジアミン・アミノフェノール・レゾルシン:ヘモグロビン血症(特に新生児、乳児)
*アルカリ剤:毛髪の損傷
*トリエタノールアミン:発癌性の疑い
化学物質化敏症の発症
起きうる発症状・病気
長期間使用するとさまざまな障害を起こす可能性がある。   植物そのものにアレルギーが無ければ一番安全な染毛剤 *成人・新生児・乳児が染毛剤に直接触ったりなめたりしないよう注意
*間違って飲むと死亡する場合もある。
*妊婦・授乳婦又は子供のいる家庭での使用は厳禁
*理容従事者の被害も多大
備考
       

遭難時の生存マニュアル

do or dieという生存マニュアルを紹介する番組がある 

 

不時着して遭難した場合に備え水・食料・サバイバル用品・武器を飛行機に積む 

 

生存限界の目安 

食料が無い状態で72時間を超えると生存率が急激に低下する 酸素が無ければ3分程度しか生きられない 適切な体温を維持出来なければ3時間程度しか生きられない 水を飲まなければ3日間程度しか生きられない 寒冷な気候でも人間は一日に最低2リットルの水を飲まなければ2~3日で死ぬ 

 

無人島を生き抜くポイント 

水、食料、寝床、火を日没までに確保する 最も重要なのは水分である ヤシの実には水分が含まれているのでヤシの木を探す ココヤシの果実内部に溜まった水(液状胚乳)は飲用になる ヤシの木に登れなければ落ちている腐ったヤシの実をヤシの実にぶつけて落とす ヤシの実は石で叩き割る 固形胚乳の層はココナッツとして食用になり噛み砕けばココナッツオイルになり肌に塗れば日焼け止めになる ヤシの実にはビタミンEが豊富に含まれている為肌の乾燥を防ぎ肌荒れから守る効果があるといわれる 

 

火を起こす方法

ナイフで枝に溝を作る 溝に繊維を入れ木を溝に入れ擦り合わせて摩擦熱で火を付ける 火種を繊維で包んで吹きかけると火が大きくなる 

 

肉を切断する方法 

尖らせた黒曜石の切れ味は良く肉が良く切れる 黒曜石は割り易く思った形に作れる 黒曜石の成分はガラスなので脂が付着し難く切れ味が良い 

 

底なし沼からの脱出法 

木の枝等の棒があれば歩き易くなりワニなどに対処出来る 底なし沼で体を揺らすと沈んでしまい抜け出すのが難しくなる 棒を両手で持ち横にして沼地に置き体重を分散させれば這い上がれる 堅い地面に辿り着くまでは腹ばいで進む 

 

冷たい川を渡る方法 

冷たい川に入ると死ぬ危険があるのでうかつに冷たい川を渡ってはいけない 

渡る準備 

渡った後に火を起こす為の木の枝や皮をリュックに入れる 服を脱ぐ 衣服が濡れたら体に凍りつくのでリュックに入れる 

川に入ると思うと心臓が高鳴り興奮状態になり10分間は冷たさが感じ難くなるが10分を超えれば体温は一気に失われる 氷の塊があれば荷物を乗せ運べば体が安定する 渡り切れば雪から体を守り川を渡る前に入手した木の枝や皮で火を起こし火がついてから服を着る 

 

虫刺され防止策 

泥を塗れば虫に刺されない ジャングルでは大量の蚊やハエが飛び交っており噛まれると病気を移される 

 

日焼け防止策 

泥を塗れば日焼け止めになる 

 

飲み水の手に入れ方 

水を発見しても水には菌が入っているのでそのまま飲むのは危険である、最低でも5分以上沸騰させないと水の菌は死滅しない 植物の葉をビニール袋で覆いしばらくすると太陽の熱で葉に付いた朝露が蒸発し水滴になりビニール袋に水が溜まる 

 

野生動物から身を守る方法 

火があれば動物は近付かないのか? 大きな音を立てる

 

体温を保つ方法 

土を掘り落ち葉で体を覆えば寒さをしのげる 体が濡れると冷えるので体が濡れたら乾かす 草むらの中は葉と葉の間に空気の層が出来て冷気を遮断出来る 

 

食料になる物 

母乳にはカルシウム・ビタミン等体に必要な栄養素が多く含まれていて体温を上げる効果がある 大人が母乳を飲んでも問題無い イチジクは渋いが食べられる 骨髄は食べられる、動物の骨を尖らせた石で砕いて中の骨髄を取り出す 動物の死骸から採取する脳や肝臓は直ぐに腐るが骨髄は保存が効くし果実や葉よりもカロリーが高い 

 

山岳遭難対策 

非常食と水と医薬品と医療機器と応急処置の仕方を掲載した本や電話が置かれた山小屋を森林の各地に作る 山小屋や近くの町に繋がるロープを森林の各地に設置する 救助隊と連絡が取れなかったりすぐに救助に駆けつけられない場合に備えて狩猟道具と一週間分の食料と医薬品を山小屋に置く 川や湖が山小屋の近くにある場合は釣り道具を置く 山小屋は水道と電気とガスを使用できインターネットが繋がる様にする 山小屋は太陽光発電が出来る様にする 

山岳遭難の原因 

道を見失う 

トレイルランニングという山道や激しいアップダウンを疾走する競技がある トレイルとは舗装されていない道の事である 100km以上数日に渡るレースもある 水・食料・安全の為の装備等をリュックに入れ身に着けて走る 

トレイルランニングでコースアウトする原因

他のランナーが見えない状態で分岐点を見逃し直進する 道が舗装されていないのでコースを間違えているとは思わず走り続けて道を間違えている事に気付いた時には道に迷っている 

道を見失った場合の対策

道を見失った時むやみに動き戻ろうとするのは危険である

動けなくなる

動けなくなる原因

バギーや木の下敷きになる 足を怪我する 崖や穴に落ちる 車が故障したりはまって動かなくなる

対策

連絡を取れる様にする 相手に自分の居場所が分かる様にする 足への負担は上りより下りの方が大きいので注意する

 

海洋遭難対策 

船に漁が出来る道具や海水を真水に変える道具を置き直射日光を避けられる様にする 海水を飲んではいけない

大量の海水を飲むと脱水症状を起こす 人間の身体は一定の塩分濃度が保たれている、塩分を多く含む海水を飲むと塩分濃度が上昇するので人体は塩分濃度を保つため汗や排泄物と共に塩分を体外へ排出するがその時塩分と一緒に水分も大量に出てしまう 

海洋遭難の原因 

海には潮の流れがあり短時間浮かんでいるだけで遠くに流される 

陸地に行く際の注意 

浅瀬は海岸の岩やサンゴ礁にぶつかったりウニに刺さり怪我をする危険がある

韓国に行ってはいけない理由

韓国は性犯罪が多い

f:id:nakanohiroaki:20170221105758j:plain

 

韓国は暴力事件が多い

 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現 韓国男との国際結婚が激減!外国に暴力など知れ渡る・関根麻里の夫にもDV説・朝鮮人の異常遺伝子

 

韓国は人格障害者が多い

 しきしま会 : 韓国人が、人類では無いという事実 2015/1/16

 

火病 - Wikipedia

 

韓国は放射能が多い

 日本ではあまり報道されない韓国の原発と放射能について - NAVER まとめ

 

韓国は食中毒が多い

 ぼやきくっくり | 危険な韓国産食品!米国は6月にカキなど貝類販売禁止も日本は放置、キムチは一部が昨年から衛生検査免除、ヒラメも精密検査免除で食中毒事件発生

インターネットを利用した共謀の防止策

証拠保存

コンピュータに保存されたりインターネットに投稿された文章や動画や画像は削除しても表示されなくなるだけで証拠として保存する パソコンを破壊し証拠を隠滅されない様にパソコンには証拠は保存しない

 

ユーザーを特定する

顔認証と指紋認証とパスワードでユーザー認証する ユーザー認証無しでログイン出来なくする 情報をコンピュータに保存したりインターネットに投稿するにはユーザー認証を必要とする ユーザー登録に個人情報を必要とする

 

ワードを監視する

犯罪計画に関連するワードを入力した文章が書かれた記事を監視対象にする 監視員は閲覧する権利が無いウェブページを閲覧出来る 保存されたり投稿された犯罪計画は強制的に削除する