金融支配を終わらせる改革

ブログ記事を https://nakanohiroaki.blogspot.jp/ に移します。記事を移し終えたらこのブログを削除します。

硝酸性窒素の危険性

硝酸性窒素が環境に及ぼす影響
 
1996年にサルトン海で起きたペリカンの大量死
米国カリフォルニア州の湖サルトン海で1996年例年より暑い日が続いた夏の日 湖の南部全域で大量のペリカンの死骸が発見された 衰弱したペリカンも確認された 1996年に確認されたペリカンの死亡数は9667羽にのぼった 被害は他の鳥たちにも及び約5千羽のカモの死骸が確認された 保護・治療したペリカンは約3万羽におよんだ サルトン海へ一夏に飛来するペリカンは約4万羽と言われている、つまりその4分の1が死に至り残りのペリカンもほとんどは瀕死の重体になった 今までサルトン海でこの様なペリカンの大量死が発生した例は無い 
 
ペリカンの死亡原因
死んだペリカンの血液検査をした結果全てのペリカンの血液中に通常では見られないボツリヌス菌が検出された、つまりボツリヌス菌に感染した事がペリカンの死亡原因だった ボツリヌス菌は地球上で最も強い毒素を出す細菌でその毒素の強さは青酸カリの千倍以上あり細菌兵器としても研究された 感染すると生物は筋肉が麻痺し手足が痺れ便秘が起こり症状が進んだ場合呼吸困難におちいり死に至る 当時かなりの人間がペリカンと接触しており人間への感染も危惧されたが発見されたボツリヌス菌の毒素は人間が感染する種類では無かった ボツリヌス菌の毒素は7種類ありその種類によって感染する動物は異なる 今回サルトン海でペリカンの大量死を起こしたボツリヌス菌は鳥と亀だけに感染する種類だった
 
ボツリヌス菌ペリカンが感染した理由
ペリカンは生きた魚しか食べない、魚がボツリヌス菌をため込みその魚を食べたペリカンが感染したと考えられる 通常ボツリヌス菌は水や土の中に毒素を持たない芽胞(がほう)と呼ばれる状態で存在する、だが湖底に動物の死骸などが沈むとその場所に居たボツリヌス菌が死骸に付着し死骸の栄養分を元に発芽し増殖して毒素を持つ様になる 同時に死骸を栄養分とする糸ミミズも繁殖する、死骸にはボツリヌス菌が繁殖しているため糸ミミズの体内にボツリヌス菌がため込まれていく、その後ボツリヌス菌をため込んだ糸ミミズを魚が食べ魚を食べたペリカンが感染した ペリカンボツリヌス菌感染はサルトン海では毎年起きているが通常ボツリヌス菌によるペリカンの感染死は年間でも数羽程度しかなく1万羽ものペリカンボツリヌス菌で死ぬ事は無かった
 
大量のペリカンボツリヌス菌に感染し大量死した理由
富栄養化ボツリヌス菌の大増殖を引き起こしていたと考えられる 水質検査でサルトン海の水には酸素の含有量が異常に少ない事が分かった 酸素含有量は比較対象として検査されたミード湖の60分の1しか無くサルトン海の水はほとんど無酸素状態だった さらにサルトン海では藻が異常繁殖していた 無酸素状態と藻の異常繁殖がサルトン海に見られるという事はサルトン海が富栄養化の状態になっている事が考えられる 富栄養化とは水中が栄養過剰な状態になりその栄養分で藻やバクテリアが大量発生する現象である 大量の藻やバクテリアが呼吸し大量の酸素を消費すると無酸素状態になる 無酸素状態で魚が酸欠死する ペリカンが大量死した1996年のサルトン海では数百万匹の魚が死んでいた 魚が大量死し大量の死骸が沈み死骸を栄養分とするボツリヌス菌が大増殖しその後糸ミミズや魚へとボツリヌス菌が移行し最終的にその魚を食べたペリカンが感染し大量死した
 
1996年サルトン海に富栄養化が起きた原因
農作物を育てる為使用した化学肥料が原因だと考えられる サルトン海から硝酸性窒素という化学肥料が高濃度に検出された その濃度は近隣の湖のミート湖の16倍もあった枯れ葉や動物の死骸などの有機物が土の中にいるバクテリアによって分解されると硝酸に変化する 硝酸性窒素とは硝酸の中に含まれる窒素の事である 窒素は生物を構成する元素として必要不可欠な物で窒素を取り込まなければ生物は生きられない 植物は空気中に含まれている窒素を吸収出来ず土の中から硝酸を吸収し硝酸の中に含まれる窒素を吸収している つまり硝酸性窒素は植物の生育に欠かせない栄養素なのである しかし同じ土地で農業を続けた場合その土地に含まれていた硝酸は農作物にどんどん吸収され減り続け農作物は育たなくなる、土地が痩せるとはこの事である そこで化学合成技術により硝酸を作り出し窒素肥料として畑に撒き食物の大量生産を行う様になった 窒素肥料が大量に水中に入ると富栄養化が起こりその場所に生息する藻やバクテリアが窒素肥料を栄養分とし繁殖する事になる サルトン海付近には広大な農業地帯があり硝酸性窒素が肥料として大量に使用されていた、つまり湖の周辺に窒素肥料が撒かれた事で硝酸性窒素が土中に蓄積されその硝酸性窒素が雨で土中から溶け出し川に入りサルトン海へ流出していた サルトン海には排水する為の川が無い為硝酸性窒素が湖から排出される事無く蓄積されていく、そして1996年に蓄積し続けた硝酸性窒素がある一定量を超えてしまい湖で富栄養化が起こった
 
硝酸性窒素が人体に及ぼす影響
 
人間の血液中に流れる赤血球の中にはヘモグロビンという酸素を運搬する物質がある ヘモグロビンは原子構造が不安定なためわずかだが常にメトヘモグロビンという酸素を運ぶ能力の無い物質に変化する このメトヘモグロビン量が増加すると酸素を運ぶ事が出来なくなり最悪の場合は窒息する、これがメトヘモグロビン血症である 症状は血液中のメトヘモグロビン量が10%以上になると酸欠により唇や手足が青くなるチアノーゼを引き起こし20%以上で呼吸困難になり70%以上になると死亡する 通常は体内で自然に生産される還元酵素がメトヘモグロビンをヘモグロビンに戻しているためメトヘモグロビン血症になる事は無い つまりメトヘモグロビン血症は先天的に還元酵素を生産出来ない人が発症する疾患であり発症例は世界的に非常に少ない、しかしWHO(世界保健機関)の調査によればルーマニアでは1985年から1996年の間に2913人の乳幼児がメトヘモグロビンを発症し102人が死亡している
 
ルーマニアで多くの乳幼児がメトヘモグロビン血症に陥った理由
ルーマニアの乳幼児が陥った症状は硝酸性窒素を体内に取り込み過ぎた事が原因で起きた 硝酸性窒素が体内に入ると赤血球中のヘモグロビンは酸化されメトヘモグロビンに変化してしまう 通常は還元酵素の働きによってヘモグロビンに戻す事が出来るが生後3カ月未満の乳幼児は還元酵素を生産する能力が非常に低いため硝酸性窒素を摂取し過ぎるとメトヘモグロビン血症に陥ってしまう
 
乳幼児が硝酸性窒素を摂取し過ぎた理由
地下水に多量の硝酸性窒素が含まれている事がある 硝酸性窒素は土中に肥料として撒かれた後農作物に全て吸収されるわけではない 吸収されなかった硝酸性窒素は水に溶け込み地下水へ入り込む、その水を飲料水として使用すると必要以上の硝酸性窒素が体内へ入る 硝酸性窒素が溶け込んだ地下水で粉ミルクを溶かし赤ちゃんに与えていた事が原因だった 殺菌の為水を煮沸する事が硝酸性窒素の危険性を高める 硝酸性窒素は揮発性が無いので煮沸する事で濃度が高くなる
 
硝酸性窒素は胎児にまで影響を与える
アメリカ毒物コントロールセンターが1996年に発効した報告書によればインディアナ州グランジ群に暮らしていた女性が1991年からのわずか2年の間に4回の流産を経験した、しかも同時期に同じラグランジ群に住む2人の女性が流産していた 調査の結果3人の妊婦が摂取していた水から高濃度の硝酸性窒素が検出された 報告書は母親の体内に入った硝酸性窒素が胎児に渡り胎児がメトヘモグロビン血症を引き起こし流産した可能性を指摘している
 
これらの問題に対しWHO(世界保健機関)では臨床データを元に硝酸性窒素が人体に影響を及ぼさない基準を1リットルあたり10mg以下と定めている
 
対処方法
地下水を飲料水として使用している家庭は各自治体の保健センターで水質検査を受ける、もし基準値を超えていた場合家庭用の硝酸性窒素除去用浄水器を使用する 日本の水道水は平均すると26%ほどが地下水なので上水道の浄水システムで硝酸性窒素を除去する

マイクロチップを体内に埋め込む事を禁止する

禁止する理由 マイクロチップは電磁波を発生させたり青酸カリ等の有害物質が含まれている危険がある マイクロチップが埋め込まれている部分を切断されマイクロチップを盗まれる危険がある マイクロチップの生産と輸入を禁止する

 やりすぎ都市伝説スペシャル 体内マイクロチップ計画 関暁夫2017秋9月29日

二酸化炭素中毒

二酸化炭素中毒が起きる環境
酸素は必要量あっても二酸化炭素濃度が高ければ中毒症状が起こる
 
二酸化炭素中毒の症状
二酸化炭素には中枢神経を麻痺させる麻酔作用がある、このためまず呼吸中枢が麻痺し呼吸が苦しくなりその後急激に眠くなる、さらに二酸化炭素が高濃度になるとその毒性で心臓機能が低下し最終的に死に至る 通常大気中の二酸化炭素含有量は0.03%ほどだが二酸化炭素濃度が高濃度になるに従い息苦しさ・耳鳴り・震えが起き30%で即座に意識不明となり即死する 酒に酔った様にフラフラになったり突然原因不明の頭痛や吐き気に襲われたり急激に血圧が上昇する 二酸化炭素中毒では皮膚障害は起こらないが酸素がかなり薄い状態で数時間も意識不明のまま固い物の上に倒れていれば接触部分は血流が阻害され酸素が送られる事が極めて少なくなりその結果皮膚組織が破壊され皮膚がただれる
 
火山性ガスによる二酸化炭素中毒事故
1997年7月12日に青森県八甲田山中で訓練中の自衛隊員が次々と倒れ18人中3人が死亡した 現場はガス穴と呼ばれる窪地で調査の結果大気中の二酸化炭素濃度が通常の500倍前後(20%)もあった 現場付近は風も無く事故後の調査によると火山性ガスである二酸化炭素による中毒死である事が分かった この事故はこの地域一帯が火山地帯でそこから二酸化炭素が大量に噴出していて窪地に二酸化炭素が偶然溜まっていた事により起きた
 
湖水爆発による二酸化炭素中毒事故
1986年8月21日にアフリカのカメルーンニオス湖で湖水爆発が発生し周辺の村で一晩で多くの住民と家畜が死亡した どの村も破壊された物や騒ぎになった形跡は無かった 死者の多くは寝ているままの即死状態だった 死者に外傷は無かった 生存者の多くは酔ったようにフラフラになったり突然原因不明の吐き気や頭痛に襲われ血圧が急激に上昇する者もいた 人口700人のニオス村で救出されたのは2名だけで8km離れたソウボ村やチャ村でも半数以上の人間が死亡して最終的な死者の総数は1746名に上った
 
地震や竜巻や水害が原因では無い理由
家屋の損壊などの傷跡が無い
 
水質汚染が原因では無い理由
死体を検死した結果ヒ素中毒の特徴である黒い粒状の斑点が現れる角化症の症状は無かった
 
ウイルスが原因では無い理由
エボラ出血熱による人体の穴からの出血症状は見られなかった
 
化学兵器が原因では無い理由
当時のカメルーンの政情は平和で安定した状態にあり他国との紛争や国内でのテロや内乱は考えられない
 
火山性中毒ガスによる中毒死では無い理由
 
被害者の症状が火山性中毒ガスによる症状ではない
火山性中毒ガスでは亜硫酸ガスと硫化水素が考えられる 亜硫酸ガスは皮膚に触れると水泡や潰瘍更に火傷の症状が現れ高濃度の硫化水素は失神やけいれんを引き起こし瞬時に体が動かなくなるが亜硫酸ガスの特徴である水泡や火傷は被害者に見られず生存者の中に見られたフラフラした者が現れたり突然原因不明の頭痛や吐き気に襲われ血圧が急に上昇する者が現れた事は硫化水素では説明出来ない 
 
付近の火山が噴火した形跡が無い
湖付近もしくは湖底で火山噴火があり有毒な火山ガスが噴出したと考えられ火山活動の証拠を探したが溶岩流や噴き出した堆積物など証拠となる物は何も無かった 湖の底で火山の爆発が起きたとすると時間が経ってなければ湖底の水温は40度はあるはずだが湖底の水温は通常時の平均的な数値だった もし火山が原因なら湖水に多量の硫黄が溶けているはずだがニオス湖の水には硫黄はごく少量しか含まれていなかった
 
ニオス湖で湖水爆発が起きた痕跡
 
大量死のあったニオス村から3km離れたニオス湖が事故後に茶褐色に濁り小さな泡を噴出していた 
二酸化炭素のガスが噴出した後に爆発が起こった、この爆発によって高さ25m程の津波が起き湖畔一帯の岩肌や草木を剥ぎ取り湖を濁らせた
 
生存者の証言によると事故当夜地響きと共に爆発音が起きた
爆発音は大量の二酸化炭素を含む水が上昇し一気に気化して爆発した時の音である これは高い圧力で二酸化炭素を溶け込ませたソーダ水をかき混ぜると大量の泡が発生するのと同じ原理である 
 
生存者の証言によると濃い霧が発生した
二酸化炭素ガスは空気中の水分に触れると霧の様になる
 
水面には多数の木々が浮かんでいた 
噴出した湖水は津波となり湖岸の木々をなぎ倒し引き潮効果で木々が湖面へ流れ無数の木々が浮かんでいた 
 
事故後一週間経っても湖面には4倍近い濃度の二酸化炭素が発生していた
ニオス湖から噴出した二酸化炭素である
 
ニオス湖やその周辺の調査結果
ニオス湖の水温が深度が増すごとに上昇していた、これは湖底から温度の高い何かが噴出している事が推測される 湖の底ほど二酸化炭素濃度が高い事から湖底の高い水圧部に大量の二酸化炭素が溶け込んでいる ニオス湖の源泉を調査したら二酸化炭素のガスが出ていた、ニオス湖周辺には炭酸泉がいくつか湧き出ていて湖には炭酸ガスを多く含む水が入り込んでいる事が分かった ニオス湖の深さ100m以上の水を調べるとかなりの勢いで二酸化炭素ガスが上がって来た事から深い所にかなりの二酸化炭素が蓄積している事が分かった
 
ニオス湖に大量の二酸化炭素が水に溶け込んだ理由
ニオス湖は火山活動で出来た火口湖で湖底から鉱泉が湧出していた、この鉱泉二酸化炭素を出す炭酸泉であった、つまり高濃度の二酸化炭素の原因は炭酸泉だった そして長期間、炭酸泉から出た二酸化炭素が湖底の高い水圧により水に大量に溶け込んでいた 高圧をかけると二酸化炭素は水に大量に溶け込む
 
湖水爆発が起きた理由
二酸化炭素が大量に溶け込んだとしてもそれだけでは噴出は起こらない ニオス湖の湖岸を調査すると地面の一部がえぐり取られた痕跡があり大規模な地滑りがあった事が判明した カメルーンの8月は雨季で連日の雨でニオス湖の崖は地盤が緩み大きな地滑りを起こしていた、この時落下した岩が二酸化炭素が溶けた湖水の層を貫いて湖水を激しくシェイクする事により湖水内で対流が発生し大量の二酸化炭素ガスが水面へ上がり噴出した 炭酸水のペットボトルで説明すると湖水に溶けた大量の二酸化炭素ガスが何かのきっかけで突然解放されると吹き出る、この時まず二酸化炭素ガスが水面から噴出して流れこの後水が爆発した様に噴出する、これと同じ様な事が湖でも起こったと考えられる 人に無害な炭酸泉でも100年間湖に入り込めば二酸化炭素の濃度は高くなり爆発を起こせるほど膨大な量のガスが蓄積される
 
二酸化炭素ガスによる被害
事故直後のニオス湖二酸化炭素の濃度は30%位あったと思われる 二酸化炭素ガスは重い層となりおよそ時速60キロで拡散し谷に沿ってより低い方向へ流れ湖面より低い地域にある村を飲み込んだ 二酸化炭素ガスは音も無く地面を這う様に途中にあった村々を覆い尽くして村人や家畜を瞬時に窒息死させた、二酸化炭素ガスはニオス湖から20km以上離れた村にまで到達していた
 
日本の火口湖やカルデラ湖で湖水爆発が起きる危険性は無い
日本にはニオス湖の様な火口湖やカルデラ湖が多数存在し世界で700ある活火山のうち10%にあたる70の活火山が日本に存在する 日本の火口湖・カルデラ湖に湖水爆発が起きる危険はあるのか 日本とカメルーンの気候条件を比較すると中央アフリカに位置するカメルーンは一年を通じて気温の変化がほとんど無い熱帯雨林気候であり日本は四季の変化があり気温の変化が激しい為湖水の温度が変化し程よく水が循環し随時ガス抜きが行われているため水に溶けた二酸化炭素は湖底に蓄積しづらい
 
湖水爆発防止策
湖水爆発によりニオス湖二酸化炭素の濃度は低下したがまた蓄積されれば再び湖水爆発が起こる可能性があるので現在はフランスの科学者チームが中心となりガス抜きパイプを設置し二酸化炭素ガスを抜いて二酸化炭素の濃度を安全レベルまで下げる努力が続けられている 
 
高濃度の二酸化炭素が溜まっている湖
現在知られている限りではカメルーンニオス湖とマヌーン湖やルワンダのギヴ湖がある 1984年にマヌーン湖で湖水爆発が起き37人の死亡者が出た
 
1991年11月北海道函館市の市道に停車中のワゴン車の中から男女二人が意識不明になっているのを通行人が発見した、病院で手当てをしたところ男性は意識を取り戻したが女性は重体となった 車内には業務用のドライアイスが42個、総重量800kgが新聞紙に包まれ荷台に積載してた ドライアイスは液化状の二酸化炭素を圧縮し固体化した物で表面温度は摂氏マイナス80度からマイナス90度に及ぶ ワゴン車の荷台部分と座席とはビニールカーテンで仕切られていたが天井と床の間に僅かな隙間があった 走り始めてからしばらくして息苦しくなり車を止めたという男性の証言から推測すると荷台に積んだドライアイスが温度の上昇により昇華し二酸化炭素が密室の車内に充満していた事が判明した 車内空間が2立方メートル室温25℃の軽自動車に重さ1.5kgのドライアイスを1時間放置すると一時間ほどで二酸化炭素濃度は人体に危険な10%に達した、そのためドライアイス会社では現在窓を開けて移動する事を呼びかけている
 
二酸化炭素消火装置による二酸化炭素中毒事故
1995年12月1日深夜の東京池袋の立体駐車場のホールに閉じ込められた女性が二酸化炭素消火装置を非常ベルだと思い押してしまい押した女性は倒れた目の前のシャッターが僅かに開いていたため一命をとりとめたが現場に駆けつけた2人の警備員が高濃度の二酸化炭素を吸い中毒死した
二酸化炭素消火装置とは高い気圧の二酸化炭素で人工的な酸欠状態を作り出し消化する装置である 
 
二酸化炭素消火装置が使われる理由 
水による消火が行われればコンピュータに保存してあるデータが消去される 二酸化炭素による消火はコンピュータに害が及ばない 場所をとらない 安い値段で設置出来る
 
二酸化炭素消火装置の安全対策 
二酸化炭素消火装置を作動させるとサイレンが鳴り危険だから避難するようにアナウンスが流れアナウンス後20秒後に二酸化炭素が噴出する 誤作動を防ぐ閉止弁も設置されている