読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

共和国憲法草案 はてなブログ版

政治・経済・社会構造の改革案と生きる上で役立つ知識を紹介します。

日本国憲法の草案はメイドインジャパン

現行の日本国憲法はアメリカの押し付けだ、という定説は改憲派の論拠のひとつになっている。たしかに、GHQ草案をベースに現在の日本国憲法の原案(大日本帝国憲法の改正案)が日本政府によって作られたことは歴史的事実ではあるが、番組はそのGHQ草案の1ヶ月以上前にすでに日本の民間人による独自の憲法草案が存在し、その草案が逆にGHQ草案にも影響を与えた可能性を指摘した。
 それは有識者7人が1945年11月に結成した「憲法研究会」による草案で、主権在民や平和主義、表現の自由、男女平等などをうたっていた。7人の顔ぶれは高野岩三郎、森戸辰男、杉森孝次郎馬場恒吾鈴木安蔵、室伏高信、岩淵辰雄という、当時の進歩的な学者、評論家、ジャーナリストらで、いずれも戦時中は治安維持法違反などで逮捕・収監され、または職場から追放されるなど、塗炭の苦しみを味わった人々だ。

押し付け憲法だから改憲、という論を聞くが、憲法9条は日本人が作った」――。2013年6 月5日、参議院議員会館で開かれた「第4回立憲フォーラム勉強会」に講師として登壇した作家・半藤一利氏はこのように話し、当時の幣原喜重郎首相が、 GHQ最高司令官であるダグラス・マッカーサー氏と会談した際に、憲法9条案を進んで提案したと説明した。
 著書『日本国憲法の二〇〇日』(プレジデント社)を出版した際は、マッカーサー氏側から提案があったと認識していた半藤氏だが、その後、勉強しなおし、先述の通りに結論を変えたという。
 曰く、幣原氏とマッカーサー氏の会談は通訳を介さずに行われ、録音なども残っていないため、証拠はない。しかし、マッカーサー氏は「幣原が提案した」と語っており、幣原氏は「自分が作った」と語っていないものの、否定はしていない。

 幣原氏が9条案を持ちだした背景には、1928年(昭和3年)8月27日フランス・パリで、日本を含む当時の列強諸国15カ国間で締結された「パ リ不戦条約」がある、と半藤氏は語る。不戦条約は、第一条において、国際紛争解決のための戦争の否定と国家の政策の手段としての戦争の放棄を宣言してお り、調印に関わった幣原氏は、同条項の影響を強く受けていたというのだ。
 ところが、昭和6年の満州事変。半藤氏は言う。
 「これが陸軍総ぐるみの謀略であることは間違いない。侵略戦争を『自衛』と称し、不戦条約違反にはあたらないとした日本に、世界各国は不信感を持った。国際的信用を失った日本はその後、太平洋戦争への道を突っ走った。せっかくの不戦条約を、日本自らが先に破ったのだ」
 「もう一度この精神を取り戻す」。幣原氏のこの提案に、マッカーサー氏は感動し、同意したという。
 新憲法制定に向けた議論を行う「衆議院憲法改正案小委員会」では、当時、憲法担当大臣だった金森徳次郎議員が1365回もの答弁に応じ、新憲法に関する議論は何重にも重ねられた。
 「昭和21年4月10日、選挙法が変わり、婦人参政権も入った。戦後日本は、新しい議員たちが、選挙で選ばれ、新しい議会を形成した。そこに、政 府が決めた憲法草案が提出された。新しい日本が始まった」。半藤氏は、こうした時代背景を語った上で、「決して憲法は押し付けでなく、戦後、新しく選ばれ た議員による討議を経て、やっと作られたものだ。こうした事実をみろ、と言いたい」と、「押し付け憲法論」に何度も釘を差すように語った。

日本国憲法が、歴史的・国際的な「正統性」のもとに生まれた、人類の英知の結晶
とも言うべき存在であることが強く印象付けられる。再現映像なども交えて当
時の議論のようすを丁寧に描写している。「人類の普遍的価値を体現した日本国憲法が、一時の政治的な思惑で安易に改変されていいのか」

言語障害者教育

すばらしい日本語、言語障害の治療にも有効

f:id:nakanohiroaki:20170408140334j:plain

日本語を勉強して5年になるフランス人の旦那との会話で、よく話題になるトピックの1つに『日本語とフランス語の違い』がある。

彼曰く、日本語は何と言っても読み書きが難しいとのこと。大抵の日本人に「日本語上手ですね」というお褒めの言葉を頂く彼だが、それはオーラルコミュニケーションだけの話。“漢字”が登場する読み書きになってしまうと、ぐっとレベルが下がってしまうのだ。

私自身フランス語を勉強している身だが、確かに日本語を読む力とフランス語を読む力にはその質において雲泥の差があるのではないかと思う。

音を合わせのアルファベットと一つ一つの文字が意味を持つ漢字…。

先日、アメリカの研究によって、アルファベットと漢字を読み書きする力の質の違いが明らかとなった。

言語障害に苦しむ、アメリカの12歳の少年は過去2年間特殊クラスで言語を学んだ。「息子にはもっと大きなチャレンジができるのでは?」と感じた母親の判断で別の学校に行くことになったのだが、その学校は英語以外に日本語も学ばなければならなかったという。母親はあえて厳しい環境に置くことによって、彼が成長するか?試してみることにした。

その結果は驚くべきもので、1年後の13歳で下の図にあるように日本語のカタカナやひらがなを、英語のアルファベットよりも上手に書けるようになったそうだ。

f:id:nakanohiroaki:20170408140312j:plain

言語障害を研究している専門家によると中国語や日本語は、文字一つ一つに意味があり、英語のアルファベットのように音を合わせて文字を並べるのとは違い、イメージとして覚えやすいのが原因ではないか?と考えている。

実際の脳の活動を最新の科学で調べてみると、言語障害のある子供はアルファベットを覚えるときに使う脳の部分は、日本人の子供が漢字を覚えるときに使う脳の部分と同じであることがわかっている。

もちろん日本語を学んだからといって、言語障害の子供の英語力が向上するわけではないが、少なくとも通常の子供の脳とどの部分の伝達システムが違っているのか?そして彼らをうまく教えるための手がかりを与えてくれるという。(ウォールストリート・ジャーナルより)

漢字のある日本語は速読しやすいだけではなく、まだまだ多くの要素が隠れているようだ。私たち日本人が小さなころから一生懸命覚えてきた、漢字。漢字は難しいからこそ、その価値がある。

平等権

平等権とは法の下の平等を保障する権利である。 法の下の平等とは、国民1人1人が国家との法的権利・義務の関係において等しく扱われなければならないという観念であり平等則(びょうどうそく)または平等原則(びょうどうげんそく)と呼ばれる事もある。 

 

法の下の平等の内容 

栄誉・勲章その他の栄典の授与はいかなる特権も伴わない、栄典の授与は現にこれを有し又は将来これを受ける者一代に限りその効力を有する

 

誰にでも差別する事無く平等に法を適用する法適用の平等 

例えば殺人罪を適用する際にお金持ちの人には適用せずにお金が無い人には適用するという適用の仕方だったら不平等なので誰にでも法律が適用される様にするのが法適用の平等である 

 

法律の内容に差別が無い様にする法内容の平等 

例えばお金持ちの人には殺人罪を適用しないと言う法律の内容だったら平等ではないので法の内容自体に平等を設けようとするのが法内容の平等である。 

 

法案 身分差別をする事を禁止する 先に来た人から対応する 列に割り込む事を禁止する

幸福追求権

幸福追求権とは新しい人権を保障する権利である。 新しい人権とは、憲法の定める個別の権利保障規定に明示されてはいないが、憲法上の人権として保障されるべきであると主張される権利である。

新しい人権の内容 

プライバシー権 

プライバシー権の内容 

①私生活をみだりに公開されない自由  

②前科等を公開されない自由  

③正当な理由無しに指紋押捺を強制されない自由  

④肖像権(みだりに撮影されない自由)  

⑤自己の情報をコントロールする権利 

自己の情報をコントロールする権利とは自己に関して誤った情報がある場合訂正・削除を求める事が出来る権利である 

法案 どんな自己情報が集められてるかを知る事が出来る 

⑥個人に関する情報をみだりに第三者に開示又は公表されない自由 

環境権 

環境権とは良好な環境を享受する権利である 

日照権 

日照権とは建築物の日当たりを確保する権利である。 

静穏権  

眺望権  

健康権 

健康権とは生命・健康を守る権利である。 

嫌煙 

嫌煙権とは非喫煙者が公共の場所などで,他人の喫煙によって受ける被害(受動喫煙)を拒否する権利である。 

インプラント拒否権

インプラント拒否権とはインプラントの埋め込む事を拒否出来る権利である。 
インプラントを規制する理由 身体は異物が入ると拒絶反応を起こして体外に出そうとする力が働く インプラントに青酸カリ等の人体に有害な物質が入っている危険がある インプラントが電磁波を発生させている危険がある 電磁波を発生させる装置を身に付ける事を禁止する 電磁波を発生させるインプラントを人体に埋め込む事を禁止する

平和的生存権 

平和的生存権とは等しく恐怖と欠乏から免かれ、平和の内に生存する権利である。 

人格権 

人格権とは個人の人格的利益を保護する為の権利である 名前を正確に呼ばれる事を保障する権利である 著作者人格権を保障する権利である 著作物は著作者の思想又は感情を創作的に表現した物である 著作者には著作物に対する著作権が与えられる 著作権には著作財産権と著作者人格権がある 著作財産権とは自分の著作物を無断でコピーする事を禁止する事が出来る権利である 著作者人格権は著作物を勝手に改変されない権利や公表するかしないかを決める権利である 著作者又は著作物に対する独断的な評価や個人的な好みによって不公正な取り扱いをした時は不公正な取り扱いをした著作物の著作者の著作者人格権の侵害となる 不公正な取り扱いとは独断的な評価や個人的な好みによって廃棄したり濡らしたり汚したり損傷したり閲覧出来なくしたり利用出来なくする事である 

名誉権 

人格権としての個人の名誉の保護という言い方で名誉権の憲法上の保護を認めている。 

法案 人格権を侵害した場合は名誉棄損となる 

自己決定権 

自己決定権とは個人が、一定の個人的な事柄については、公権力から干渉を受ける事無く、自ら自由に決定する権利である。 結婚をするかしないかは個人が決められる 出産するかしないかは個人が決められる 治療を受けるか受けないかは個人が決められる 安楽死尊厳死をするかしないかは個人が決められる 

精神的自由権

学問の自由

学問の自由の内容

学問研究の自由

学問研究の自由とは真理を追究する為の研究活動の自由である。 

 

研究発表の自由 

研究発表の自由とは学問研究の成果を発表する自由である。  

 

教授の自由 

教授の自由とは研究者がその成果を学生に授ける自由である。 

 

大学の自治(制度的保障) 

学問研究の担い手が大学であった事から、学問の自由の制度的保障として大学の自治が要請された。 

 

大学の自治の内容 

 

人事の自治 

学長や教授等の人事は、大学の自主的判断に基づいている。 

 

施設管理の自治 

大学の施設は大学の自主的判断に基づいている。 

 

学生管理の自治  

 

思想の自由

思想の自由の内容 

特定の思想の強制の禁止 

国が特定の思想を強制し勧奨する事は禁じられる。 公務員の憲法尊重宣誓義務を課す事は、思想の自由に反しない。 

 

思想を理由とする不利益取扱いの禁止 

国が特定の思想を有する事または有しない事を理由に刑罰その他の不利益を加える事は禁じられる。また、思想を理由とする差別は禁止する。 企業の場合、特定の思想・信条を理由に、雇い入れを拒んでも違法にはならない。 

 

思想を告白させる事を禁止(沈黙の自由) 

思想を、国家権力によって強制的に告白させられる事の無い自由である。 

 

信教の自由 

信教の自由の内容

信仰の自由 

信仰する宗教を選択する事又は信仰しない事は個人の自由である。 

 

宗教的行為の自由 

礼拝・祈祷その他の宗教上の儀式や式典を行い、それに参加する自由、また、それに参加しない自由である。 

 

宗教上の結社の自由 

宗教団体を結成する自由である。 

 

政教分離の原則 

国家の宗教に対する中立性・無宗教性を意味する。 

 

表現の自由 

表現の自由の内容 

 

営利的言論(広告)の自由 

営利的言論の自由とは利益目的又は事業目的でサービスや製品を公告する自由である。

 

言論の自由 

言論の自由とは個人が言論によって思想や意見を発表する自由である。 

 

法案 通訳サービスを無料で利用出来る ヘイトスピーチ規制法を廃止する 演説を妨害した者を演説が終了するまで演説している場所から50m先まで連行出来る 違法行為に対する抗議は業務妨害名誉毀損にはならない 演説会場を無料でいつでも利用出来る様にする 体育館や劇場や広場を演説会場として利用出来る 誰でも演説会場で演説したり演説を聞く事が出来る 演説中の場所で大声や大きな音を出す事を禁止し出した場合は演説に対する妨害となるが警報や避難の呼びかけは演説の妨害にはならない 

 

出版の自由 

出版の自由とは思想や意見を図書や雑誌等に印刷し、出版・発表する自由である。 

 

法案 翻訳サービスを無料で利用出来る 出版物の著作権所有者だけが発行部数を決められる 出版物は引用と印刷が出来る 出版物の著作権は著者にある 点字で書かれた本も出版出来る 画像を添付出来る 外国の出版物を出版出来る 誰でも無料で出版出来る 出版物は誰でも無料で閲覧出来る 外国でも出版出来る 

 

結社の自由 

結社の自由とは誰でも団体を結成出来るとする権利である。 また、団体に加入や脱退する権利、団体を解散する権利も含まれる。 

 

法案 結社は活動内容を公開しなければ活動を禁止する 

 

集会の自由 

集会の自由とはある特定の課題に対する賛同者等の集団が、政府等の制限を受けずに一堂に会する自由を指す。 

 

法案 公共の場所ならいつでもどこでも集会が出来る 誰でも集会に参加出来る 街宣やデモは通行を妨害しなければ許可する 集会は無料で出来る 集会が許可されていない場所で集会をする事を禁止する 集会は活動内容を公開しなければ活動を禁止する

 

知る権利 

 

知る権利の内容 

 

国家の保有する情報を開示・提供を要求する事の出来る権利

 

法案 情報公開請求権 秘密保護法を廃止する 議会の様子と議事録を全てインターネットで公開し誰でも閲覧出来る様にする 情報公開請求権は外国人にも与える

 

国民が情報の受領について国家からの干渉を受けない権利

 

報道の自由と取材の自由

 

報道の自由 

報道の自由とは報道機関が事実を報道する自由の事である。 

 

法案 記事に掲載出来る文字数、動画、画像を無制限にする 配信されている情報を無料で報道出来る 記事や動画や画像や音や音声は著作権所有者しか編集や削除が出来ないが法律で掲載を禁止されている場合は強制的に削除される ジャーナリストになる為の資格は必要無い 保存や転載をした記事や動画や画像や音や音声の著作権は保存や転載をした者にある 強制性交事件は強制性交事件と報道する 日中記者交換協定を廃止する 

 

放送の自由 

テレビ、ラジオなど電波メディアによる情報提供の自由を放送の自由と呼ぶ。広義には有線放送も含まれる。 

 

法案 公共放送の視聴料を無料にする 高画質と高音質で放送する 無料で放送出来る 誰でも公共放送を視聴出来る 番組制作責任者が番組の著作権を持つ インターネットで放送する マスメディアが制作した番組やCMはインターネット上で永久に公開する インターネットで放送出来ない場合は電波で放送する 生放送出来る CMを廃止する 全世界のテレビとラジオの放送を修正無しで日本語の字幕や吹き替えで視聴出来る様にする CMをカット出来る様にする 字幕は正確に表示する 吹き替えは正確に差し替える 外国からでもインターネットで日本の公共放送を無料で視聴出来る様にする 日本の公共放送を英語か日本語の字幕付きで視聴出来る様にする 

 

撮影妨害防止策 レポート中は静かにする 撮影中のカメラの前に立ち入る事を禁止する 撮影出来なくする事を禁止する 撮影対象以外の物を排除出来る 

 

インターネットの自由 

インターネットの自由とは、サイバースペースにおいて束縛の無い表現で議論出来る能力の事である。 

 

法案 動画は高画質と高音質で配信出来る 画像は高画質で配信出来る 無料で配信出来る インターネットは誰でも無料で利用出来る様にする 動画から静止画を作れる インターネット上に投稿されているウェブページ・動画・画像・音・音声は誰でも閲覧や視聴が出来る様にする インターネットはいつでもどこでも利用出来る様にする ウェブページや画像や動画や音や音声はダウンロードしてオフラインでも閲覧や視聴が出来る様にする 投稿されているウェブページや画像や動画や音や音声は転載出来る ウェブページの著作権は投稿者にある ウェブページと画像は印刷出来る 動画や音や音声を生配信出来る ウェブページに動画や画像や音や音声を添付出来る様にする 公共放送の番組やCMはダウンロードと転載が出来る 誰でも文章や動画や画像や音や音声を投稿出来る クラウドサービスはいつでも利用出来て無制限に情報を保存出来る様にする クラウドサービスに保存した情報をダウンロード出来る様にする いつでも投稿や更新が出来る インターネットで世界中の人々と情報を送受信出来る様にする インターネット上に投稿したウェブページや動画や画像や音や音声は公開期限を決められ永久に公開する事も出来る ウェブサイトのウェブページを一度に全てダウンロードしたり転載出来る様にする 検索エンジンに様々なウェブページ、ウェブサイト、画像ファイルが表示される様に一人につき一つしかウェブサイトを開設出来ない事にする 企業や団体も一つまでしかウェブサイトを開設出来ない事にする ウェブサイトの容量と転送量を無制限にする ウェブページをダウンロードすればウェブページに添付されている動画や画像や音や音声もダウンロード出来る様にする インターネット上で通話出来る 通話相手の様子を見れる 

 

コメントを閲覧出来る様にする 投稿されている記事や動画や画像や音や音声に対するコメントを閲覧出来る 特定の人物や集団がコメントを連続投稿して他のコメントを閲覧し難い状況にする事を防ぐ為に過去にコメントを投降したユーザーが新しくコメントを投稿した場合過去に投稿したコメントは自動的に削除される 投稿者や閲覧者がコメントがいつどの記事や動画に対して来たのか分かる様にする 長いコメントは短い文章で表示し見たい人が拡大して全ての文章を見れる様にする 

 

コメントを投稿出来る様にする 投稿されている記事や動画や画像や音や音声に対してコメントを投稿出来る コメントの修正と削除はコメントの作成者だけが出来るが違法なコメントは強制削除される コメント出来る文字数は無制限にする 

 

アクセス権 

別名反論権と言う、マスメディアに対して個人が意見発表の場を提供する事を求める権利。反論記事の掲載要求(反論権)や紙面・番組への参加等がこれにあたる。 

 

法案 誰でも番組に参加出来る 取材を受けた者の許可無く発言を削除して報道する事を禁止する 出演者の許可無く発言を削除して放送する事を禁止する 選挙報道では立候補者を全員紹介し立候補者全員の公約を全て紹介する 

 

取材の自由 

取材の自由とは情報収集活動をする自由の事である。取材される側のプライバシーも配慮する必要がある。 

 

法案 画像や映像の著作権は撮影者にある 録音された音や音声の著作権は録音した者にある 記事の著作権は記事を書いた者にある 取材される側の許可があれば誰に対しても取材出来る 公共の場所はどこでも撮影出来る 

 

歴史を研究する権利 

歴史遺産や遺物を保護し一般公開する 歴史資料を調査出来る 遺産や遺物や絵画を本来の状態で保存する為に修復する事を禁止し高画質で撮影して保存する

 

表現の自由の制限 

 

プライバシーを侵害する表現を禁止する 

法案 プライバシー保護策 プライバシーを侵害した表現物や言論は強制的に削除する 

 

名誉を棄損する表現を禁止する 

法案 名誉を棄損した表現物や言論は強制的に削除する 

 

差別表現・憎悪表現を禁止する 

法案 ムハンマドの風刺画を禁止する 

 

性表現を規制する 

法案 性表現規制策 児童ポルノを禁止する 

 

サブリミナル効果の使用を禁止する 

法案 サブリミナル効果使用防止策 サブリミナル効果がある映像を制作したり放送をした責任者を厳罰に処す 映像コンテンツにサブリミナルが使用されていないか検証する機関を設立し誰でも映像コンテンツの検証を頼める サブリミナル効果が使用されている映像である事を説明する為ならサブリミナルが使用されている映像を放送出来るがサブリミナル効果が起きない様に遅い速度や静止画にして放送する サブリミナル効果がどういうものなのかを義務教育で教える サブリミナル効果があるか検証出来る様に映像の再生速度を遅く出来る 

 

その他の規制法案

盗撮・盗聴対策法で犯罪捜査以外の目的で盗撮された映像や盗聴した音声を放送したり投稿する事を禁止され違法な盗撮盗聴の動画や画像や音声が放送されたり投稿された場合強制的に削除される 

 

法律で公開を禁止されたウェブページや動画や画像や音声をダウンロードした場合自動的に削除される 

 

虚偽の報道を禁止し違反した場合強制削除する 虚偽の報道をした責任者を厳罰に処す 虚偽が書かれた出版物は発行を禁止し回収する 

 

共謀防止策として犯罪計画を投稿する事を禁止し犯罪計画の投稿は強制的に削除する